一人親の助成金の児童扶養手当

一人親を支える母子手当てということで児童扶養手当が用意されています。シングルマザーの子の毎日の生活の安定を支えてくれる補助金で、市町村の窓口で届けることで受け取ることができます。基本的には月ごとに40000円程度を支払われますが、申請しないともらえないので、届け出ていないときは、確実に届け出るようにしてください。子供が十八才の誕生日を迎えて次の三月三十一日になるまで支払われ、児童手当等と同じく子どもに提供されている制度になります。日々の生活をしていくために、子どもの発達環境を用意する助成金になります。

母子家庭という言葉は普通に使われていますが、父子家庭については、あまり馴染みがありません。実際問題として、ひと昔前は児童扶養手当については母子家庭の子供のみに払われて、父子家庭はもらえませんでしたが、平成22年より、父子家庭も対象となるように法改正されました。子どもが低年齢の時は親権は母親に認められる事が一般的なので父子家庭というのは多数派でなかったり、父親は暮らしていくのに足りる職業を持つことが多かったので、昔は払われませんでしたが、シングルマザーのみでなく、父子家庭もサポートが不可欠ということが判断されたわけです

このページの先頭へ