借金は相談窓口を利用すると減額や帳消しにすることも可能です

借金の支払いがいつまでたっても終わらないという方は、借金相談窓口などで相談して手続きしてもらうことで借金を減らせたり、完済することも可能です。法定利息を超える過払い利息を過去に払っていた場合は、手続きをすることで返金もしてもらえます。

すでに払い終わった借金についても、手続きをすれば過去にさかのぼって返金してもらえますので、昔、借入れをした経験がある方は一度、相談してみるのがオススメです。数十万円単位で返金してもらえる方も少なくなく、借金が残っている方も過払い利息分と相殺して借金が完済するという方も多いです。

手続きや金融会社とのやり取りは司法書士などに依頼すればすべて代行してもらえますし、取立てや督促なども手続きが開始された時点で止まります。金融会社とのやりとりは個人では難しくなるので、司法書士などに任せてしまったほうがうまくいきます。

まずは、無料の借金相談などを利用して自分の借入れ状況を伝えて、いくら戻ってくるのか、返済額がいくらくらい減るのかなどをシュミレーションしてもらうようにしましょう。過払い金の時効は10年なので心当たりがある方は早めに動き始めましょう。


このページの先頭へ